​日野 麻衣伽

Hino             Maika

  1991年 7月 28日 生まれ

​  日本美容専門学校

  CAROLINADISCO歴:9年

​  現ランク:CAROLINADISCO代表/ディレクター

 【 なぜ CAROLINADISCO を志望しましたか?】

 

ネットで美容院を探してた時に、スタイル写真に強く惹きつけられました。気づいたら、ホームページの全部のページにすっごい見入てしまっていて。オーナーの石川さんの考え方や、カットのこだわりを見て、『あ。この美容室、絶対他と違う!』って思って、もう直感的に!実際、サロン見学や施術を受けて、技術の高さに感動して、入社しようと思いました。

 

【 実際に入社してみて、どうですか?】

 

技術を習得するスピードは他店の子と比べると、とても早かったです。出来ることを最大限にやらせてくれて、成長できるいい環境だと思いますね。
私は1年目の10月にカラーリストとして入客を始めました。
当時を振り返ると、カラーモデルさんで練習していたので、知識や技術もある程度は分かっていましたが、実際に入客してみて、正規料金を頂くし、見られ方も違って、すごい緊張して自分を出せていなかったと思います。ですが、早いうちに、自分に足りない部分や、改善点に気付くことが出来たので、スタイリストデビューする時には、技術もコミュニケーションにも自信をもってお客様に入ることが出来ました。
あとは、技術レッスンの明確な合格基準があるのも分かりやすかったです。自分自身、技術でも何でも、なるべく早く『やりたい!』っていう気持ちがあったので、〝チェックシート〟を使う合格基準があったことで、出来ている項目、出来ていない項目が一目瞭然になり、やる気に繋がったと思います。

 

【お店全体としての印象、社風のいいところはありますか?】

個人個人がやるべきことをやっている印象です。営業後に、ダラダラしたり、時間を無駄に過ごすことがないように感じます。スタッフみんな仲がいいですが、プライベートはプライベート、仕事するときはしっかり仕事モード。その感じがすごくいいなと思います。
あとは、技術が統一されているところですね。センスは自由なので、スタイリストによってテイストの違いはあっても、技術、知識が人によって教え方が違うということもないので、教わる側は、混乱せず、純粋に学ぶことが出来ると思います。

【やりがいを感じる時は?】

例えば初めてブリーチして、次に来た時に服がちょっと変わっていたり、絶対派手な色に挑戦しない子だったけど、1度やってみたらすごくハマって、ドンドンやるようになったりとか♪

一人の人に影響を与えて、『髪を通して人生に関われた!』って思う時にすごいやりがいを感じます!

高校・大学の時って、自分のある程度ファッション路線やジャンルが決まる時期だったりするじゃないですか。そこに関われるのが楽しいなと思います☆

​インスタグラムはこちらから☆

​↓@carolina.maika

© 2023 by Annex. Proudly created with Wix.com

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Google+ Icon
  • Grey Instagram Icon